So-net無料ブログ作成
検索選択

アジサイの季節、もっと長~く愉しむには? [暮らしの事]

 


アジサイのこの時期。


一つ摘んでは玄関に、台所には二本、もう一つは小さいほうの部屋へ。


トイレと、最後は寝室にも。


そして今年は特別にバスルームにもお目見え・・・[黒ハート]


 


バス.jpg

 


 


小さな家の中で、花のある生活が楽しくて可愛くて、


ついつい飾ってしまいます。


 


夕方、


帰って来てから摘む時に、


お腹を空かせた蚊に刺されるのが難点ですが、


それに耐えてでも味わいたい幸福感[ぴかぴか(新しい)]


 


 


本題、瑞々しく長~く愉しむには?


 


アジサイの花を花瓶に挿して長く愉しむには、


水切りした後にする、ちょっとしたポイントがあります。


 


それは、斜めにカットすると見えてくる、


茎の中の白い部分―そのワタを取り除いてから飾る方法です [目][ぴかぴか(新しい)]


 

 


わたしも去年初めて知ったので、


半信半疑でやってみたところ、


2週間以上を保つ美しさ![ハートたち(複数ハート)]


が経ついまでも可愛く、瑞々しく咲き続けていました。


 


下の写真の様に、カットして、見える部分だけワタを削ぐだけでOK


 


アジサイ茎.jpg

 


ワタの部分が水を吸わないので、花切狭でそのまま優しく削ぎます。


最初は少し面倒かも知れませんが花持ちが全然違うので、


それを考えたら、この面倒くさい作業も全く苦になりません。


 


 


雑学―アジサイの色


 


アジサイは、土で色が変わります。


アルカリ性の土―ピンク。


酸性の土―青。


その中間が紫という事になります。


 


その他は、種類などで萼がグラデーションの花もありますし、


真っ白なものもあります。


 


世界で何千種もあるらしいアジサイ、いつかは見て回りたいものです[ぴかぴか(新しい)]


nice!(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0