So-net無料ブログ作成
検索選択

猫、お行儀良くブラッシング?そして心得。 [猫との生活]

 

昨晩・・・

丁度眠りに落ちていく、あの一番気持ちの良い時の狭間に、

隣で寝ていた愛猫の、謎の逆鱗に触れ腕を負傷!

 

尻尾を踏んだのか、

はたまた目でも突いたのか・・・?

 

何だったのぉ・・・と、

眠い瞼を無理やり開けて、痛々しい腕にオロナインを塗りながら、

 

我慢できずにまたスゥー・・と、眠りに落ちていきました[三日月]

 

 

気の荒い猫一匹。

 

 

今日も朝から美味しそうに朝食を食べ終わってーゴロン。

 

猫というのは、愛らしい面もあれば、突然野生をむき出しにしてくる一面もあります。

 

 

そんな野性味あふれる我が愛猫。

最近、急に食事の前のお座りとは別に

もっと可愛い「お座り」が出来るようになりました[ぴかぴか(新しい)]

 

今日はそのご報告を。 

関連記事:

猫の付けた柱の傷、修復! 

 

 

ブラッシングのお作法

 

夏に向けて、沢山の毛が抜けるこの季節

いつもならば、ブラッシングし始めると散々噛まれ、

傷だらけになっていましたが、

 

気が付くと今年のブラッシングは、

かなりお行儀が良くなっていたのです [目][ぴかぴか(新しい)]

 

お座りのお作法が身に付いたせいなのか、

いつの間にやら、ブラッシングのブラシを見せるとやってきて、

目の前にスッと座るようになりました。

 

「ブラッシングして欲しいのね?」

「ニャー!」(お返事)

「ハイハイ[黒ハート]

 

一回ごとに「ニャー!」(まだする)

行ったり来たりを繰り返しながら、お腹を出してみたりしつつ、 

 

45回すると遠くに離れ少ししてからまた戻り、

「ニャー!」(もう少しする)

それから45回。

 

最後に頭を摺り寄せて来るので、顔周辺を2,3回で終了。

 

今の所、専用のブラシが気に入っている様子です。

 

 

おねがい事はハッキリ意思表示! 

 

これって結構、生きている者同士の鉄則だと思っています。

 

人ともそうですが、

コミュニケーション力と言われるものが動物との間でも試されます。

 

こちらとしては気を張らず、ちょっとブラシを持って

 

「コレ、いかが?

 

くらいのそんな、

脱力感たっぷりの意思表示が功を奏すのかも?とも感じます。

 

 

 

ブラッシングの心得

 

ブラッシングするうちに、幾つか心得なるものが見えてきました。

 

一つ、触ってほしくないところが有る。

よく見極める必要。病気が隠れていることも。

 

二つ、甘んじて受けている面も有る様なので、限度の回数がある。

限界が来ると離れようとします。

その時はしつこくせずに、パッと止めた方が良いよう。

 

三つ、自分で毛づくろい出来ない首の後ろからスタート。

気持ち良い所からすると、リラックスしています。

 

四つ、ブラッシングは健康に寄与する。

抜け毛を取って清潔に保つことはさることながら、

毛玉を飲み込むのを、ある程度防げます。 

怪我なども見つけやすいですし、スキンシップで愛情が伝わります。

 

持論ですのでご参考までに。

 

 

因みに、おまけの悦。

 

よくブラッシングする様になると、

絨毯の掃除がとっても楽になりました。

 

絨毯の掃除と言えば「ゴム手袋」! これは鉄板ですが、

ブラッシングをするとしないでは全く毛の量が違います。

 

掃除の時、

しっかりブラッシング出来てるかもーと、心浮き立つ日は、

見える証拠に基づき、足取り軽く掃除がはかどります。

 

今の所、ブラッシングに快く応じてくれる愛猫に

「おりこうさん」の愛撫です[ぴかぴか(新しい)]

 

 

とはいえ気まぐれ猫に振り回されるのも、それもまた有りきの日々なのですけどね。

 

気まぐれ有りき.jpg 


nice!(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0