So-net無料ブログ作成

ライラック―思い出したマヤ。 [暮らしの事]

 

最近、初めて見たライラックに魅了され、

思わず写真に収めました。

 

きゅっと集まった小ぶりの花が可愛くて、

よくブローチや、刺しゅうのモチーフに使われるのも納得です。

 

きれいな薄紫色を、写真に収めるのはとても難しかったのですが、

優しい色のこの花と、品のある香りにうっ・・・とり。

 

それはもう、包まれたくなるような、いい香りなのです。

 

ライラック.jpg

 


香りと言えば、
 
有名な「エクラ ドゥ アルページュ」には、
 
成分にグリーンライラックの香りが含まれていますよね。
 
 
 
周りの女性の間でも人気で、
 
時々「あ、この香水、懐かしい~」と言われます。
 
 
 
トップノートにグリーンライラックの香りがきて、
 
ムスクに変化していきます。
 
 
 
残念ながら、グリーンライラックは嗅いだことがありませんが、
  
やっぱり似ている気がします。
 
 
 
 
 
育てる環境
 
 
 
ライラックはあまり手をかけなくても育つようです。
 
北国の花なので、暑さには弱いですが、
 
日光は好きで、のびのび生き生き育ちます。
 
 
 
暑い時期に移動しやすいように、植木鉢が良いと思います。
 
時々、おもてなしに玄関やお部屋に飾るのも良いですね。
 
一瞬で目を奪います。
 
調べてみると、「姫ライラック」の方が比較的育てやすいみたいです。
 
 
 
 
 
女性に例えて
 
 
 
ライラックは、北海道などで有名です。
 
大胆に咲き誇る写真をよく目にします。
 
 
 
決して派手ではないのですが、
 
密集していても、一つ二つと咲いていても、
 
慎ましやかで品の漂う可愛らしい花です。
 
 
 
そして少し近づくと、放つ香りに魅了されます。
 
人を惹きつけ、力強くて逞しく、元気な花。
 
そんな女の人が居たなら憧れの的です。
 
 
 
女性を例える花はこれまで、
 
薔薇、シャクヤク、牡丹、ユリ等が王道でしたが、
 
 
 
「あの女人はライラックの様」
 
と言うのもなかなか良いかも知れませんね。
 
 
 
 
 
紫の花から思い出してしまったアノ漫画
 
 
 
紫の花といえば、
 
世代を超えた漫画「ガラスの仮面」の「紫のバラの人」を、
 
ついつい思い出してしまいました。
 
 
 
「ガラスの仮面」って、アニメや舞台にもなっているんですね。
 
全く知りませんでした。
 
 
 
そしてまだ完結していないという事実に驚き・・・。
 
ついでに、あの漫画を読みながら、
 
マヤがこずえ(アタックナンバー1)に重なっていた事も思い出しました。
 
 
 
過酷な練習と顔半分の目が印象的で、重なったのでしょうね。
 
もう、漫画を読むことも無くなってしまいましたが、
 
好きだったものなんかは、時々ふと懐かしく思い出します。
 
 
 
まるで「香りの記憶」の様ですね。
 
  
 
いつか誰かに、
 
ライラックの香りから自分を思い出してもらえたりなんかしたら、

 
ライラック (2).jpg 
 
 
素敵だなぁ・・・。
 

nice!(1) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 1