So-net無料ブログ作成

ゆったり大阪 [旅行]

 

バスに揺られ大阪に行ったのはいつだったか。

 

記憶では,

友人が大阪に引っ越して何年か経った頃の夏。

ふと思い立ち,情緒ある下町に居を構えるその人を訪ね,ゆったり旅を決行したのでした。

 

夕方に到着し,思い出話に花が咲いた次の日,

お昼頃からふらりと街に出ました。

 

家を出て少し歩くと,幼い頃立って待ったのと同じ石の電停を発見!

ガガンガガン,チロリン迫ってくる電車の音に心弾ませ,

「楽しそうね」

の声にニンマリしながら中心街へ。

 

電車.jpg 

 

乗っている,その小さな電車が揺れるたび,

学生の頃の地元の電車の思い出が

走馬灯の様に浮かんできては何だか懐かしくて,

街に着くまで ニヤニヤ が止まりませんでした。

 

 

いよいよ道頓堀[ぴかぴか(新しい)]

 

「ここがあの有名なとこだよ」

 

 

田舎者の血が騒ぎ,

一度は見てみたい!

 

と思っていた道頓堀の有名なシンボルマークは,

最初,浮かれてる私の目には全く映らず,

「ほらあそこ!」と指をさされて初めて目に飛び込んできました[グッド(上向き矢印)]

 

その看板は思っていたより小さく感じましたが,

期待が上回ってしまったのでしょうか,

でも生で見ることが出来たことに高揚を隠せず・・・。

 

 

食べる![ぴかぴか(新しい)]

 

キョロキョロと,

そこから黒門市場に向かって歩き出し,

これまた有名な大通りで食い倒れ人形を横目に,

初めてのイカ焼きをおごってもらいました[るんるん]

 

ちょっと座れるスペースに無理やり座って

「おいしーい!」。

 

歩くたび,

目に入る粉モノがやたらと美味しそうで,

チラッと入った脇道で売っていた熱々のたこ焼きもパクリ[るんるん]

 

「ここ美味しいでしょ?」

「うんうん!」

 

その後も,美味しい香りに纏わりつかれながら歩き,

休憩してから用事を済ませ,夕方には有名な串揚げ屋さん本店へ。

 

早めに行ったつもりでしたが,結構並びました。

でも,待った事も忘れるくらい,薄い衣の串揚げがこれまた最高でして!

 

カウンターで,沢山の種類に目移りしながら一本一本を愉しみ,大満足のお口でニンマリ。。

初めてのシステムに,最初はドギマギしながらも,

隣の寡黙な友人の助けもあり,

すっかりお店の雰囲気に染まりつつ堪能!

 

満腹の顔でお店を出て,

まったりと少し歩いた所でライトアップされた通天閣を覗き上げる夜[ぴかぴか(新しい)] 

にぎやかで美味しい大阪だったのでした。

 

 

翌朝ゆっくりと起きて,

昨日の場所から少し向こうの動物園を予定していましたが,

時間が合わず次回のお楽しみに。

 

それにしても,い~い匂いだった大阪。

人は優しいし,

旨いもんだらけの街の,ゆったりした良い思い出です・・・。

 

通天閣.jpg 

 


nice!(1) 
共通テーマ:旅行

nice! 1