So-net無料ブログ作成
前の1件 | -

格安スマホに乗り換えようと四苦八苦した日に分かったこと [困った!]



魅惑的な格安スマホの波



流行の、この波に乗り遅れて早数年でしょうか・・・。



この度、重い腰をやっとのことで持ち上げ、

5年も愛用した携帯に別れを告げようと決意したのは良いけれど、



大手キャリアから格安スマホへの乗り換えは、

わたしからすると大きな落とし穴が幾つかあって、

調べるだけでも膨大な時間を費やしてしまいました。



疲労困憊。



苦手なんです、この手のことが。


だからと言って得意な友人の説明を聞いても、

あまりピンと来ずダラダラと今日まで来てしまったという感じでした。

でもやっとこさ、行動を起こしたのです!!!





わたしが警戒した落とし穴その1ーキャンペーンの見極め



キャンペーンと言うのは、嬉しくもあり、迷宮への誘いでもあります。

大袈裟ですね。



でも、この時期を逃したら、もうこの価格じゃないかもーとか、

なんとなく来月まで待とうとか、



現在使用中の機器の解約料金のかからない更新時期のことも調べないといけませんし、

季節のキャンペーンに心を奪われてしまったらもう大変。


寝ても覚めても、ネットで夜通しシュミレーションなんぞしてしまいます。



あまりにも高額な大手キャリアの金額を検討したら、もしかすると、

解約金を支払ったとてお得だという結論になるかも知れません。



こういった場合に有利なのは、

この手の計算が瞬時にできる方。

または、何も考えず、気の赴くままキュンとしたものに飛びつく方でしょうか。





わたしが警戒した落とし穴その2ー切り替えのタイミング



この点に関してすべきことは、使用中のキャリアの締め日の確認

わたしの場合は月末締めだったので、解約日はおのずと末日ーと思いきや!



新規契約の格安スマホー楽天さんーに

「契約日のおすすめはありますか?」と問い合わせたところ、

断然「1日(初月)」だとのお答え。でしょうね。



「でもそうなると、使用を取りやめたキャリアのために

まるまる最終月の金額を支払わなければいけませんね?」

「ご認識の通りでございます」


「・・・。」

こんなやり取りをし、

一抹の不安を残しつつも丁寧に感謝して、

幾つかの質問に丁寧にお答えくださった担当者の方とのチャットを終えました。


そこで、思い切って金額を書き出して比べてみる作戦に!すると・・





月末切り替えVS初月切り替え



これはつまり、現在のキャリアの毎月の支払い分がどれ程か?

によって結果が全く変わってくるようです。



注目すべき点は楽天携帯の場合ー

現時点ではキャンペーン中で初月のみ(S・M・Lプラン全て税別1980円だということ。

二か月目から2980~3980になること。


ということは、今支払っている金額がどれくらいかという事が関係してきます。


要は、ほぼ利用していない携帯の請求がどちらかの会社から来るけれど、

それが楽天の1980円なのか、6000円以上なのかー



3ヶ月目まで割り出して計算すると、おのずとどちらかに軍配がります。



因みに、

私の場合は、現在のキャリアの支払いが3000円以下なので、

初月に切り替えた方が1000円程お得だという結果になりました。


 



わたしが警戒した落とし穴その3ー事務手数料が高め

 


事務手数料が少し高いと感じるのは私だけでしょうか。

キャンペーン中、しかも年末キャンペーンだとか、春のキャンペーンだったりすると・・。


3000円、もしくは0円を期待してしまったので、税込 3,665円・・ちょっとガッカリ。

こればかりは仕方のない事なのかも知れませんね。



どらにしても、

古くなり、起動が遅い遅く、時々着信も出来なくなってしまったこの携帯電話をいざ手放すとなってみると、

少し切ないというか、ホッとしたというかー。


そんなこんなな出来事に翻弄された最近なのでした。




因みに


1日に切り替えするなら、

24,5日くらいにMNP番号を取得して、格安スマホを申し込み、届いたら1日にSim切り替え。

Sim切り替えで、開通、解約となります。


何はともあれ、無事に開通、その後の解約もすんなり済んで、やれやれです。

タグ:格安スマホ
nice!(1) 
共通テーマ:日記・雑感
前の1件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。